明石の湯 かわり湯: 2020年12月アーカイブ

明石の湯では12月30日~1月5日にガイアの湯を行います。

ギリシャ神話に登場する母なる大地の女神『ガイア』
ガイアの湯は大地の恵み。

お湯の色は、古来より用いられてきた大地を思わせるような色合いでとってもリラックスできます。
美容液のようなお湯で、お肌の水分をしっかりと補給してくれます。

湯上りの肌はしっとりとスベスベ。化粧水に入浴するような、そんな贅沢な気分をおたのしみいただけます。

【新型コロナウイルスに伴うご利用制限について】
▪️入館時の入館者カードのご記入、検温、マスク着用にご理解.ご協力をよろしくお願いいたします

キナーレ明石の湯
HP:http://kinare.jp/
フェイスブックページ
https://www.facebook.com/kinare.akashinoyu


明石の湯では12月19日~21日にゆず湯を行います。

日本では、江戸時代頃より冬至に柚子を浮かべた湯舟に入浴する習慣がある。「ゆず湯に入れば風邪を引かない」と言われています。

冬至と柚子との関連は必ずしも明らかではありませんが、柚子湯の習慣は銭湯の登場以後のことであり、一説に湯治(とうじ)と冬至(とうじ)との語呂合わせで、身体息災であれば融通(ゆうずう)が利くとのこじつけであるといいます。

効能としては血液の流れを良くする血行促進効果があり、風邪の予防だけではなく、冷え性や神経痛、腰痛などを和らげる効果があるとされています。(wikipedia参照)

ゆずの香りで心も体も融通の利く体にしましょう(笑)

また、当日は「晩白柚」という人の顔サイズの種類も浮かびます。

【新型コロナウイルスに伴うご利用制限について】
▪️入館時の入館者カードのご記入、検温、マスク着用にご理解.ご協力をよろしくお願いいたします

キナーレ明石の湯
HP:http://kinare.jp/
フェイスブックページ
https://www.facebook.com/kinare.akashinoyu
12月3日(木)~12月8日(火)の期間、鳴子の湯を行います。

鳴子の湯は、芒硝を多く含んだお湯です。有効成分が温浴効果を高めて血行を改善することにより、新陳代謝を促進し、疲れをいやします。

効能
疲労回復、肩のこり、冷え症、腰痛、神経痛、リウマチ、痔、荒れ性、あせも、しっしん、
にきび、ひび、あかぎれ、産前産後の冷え症、しもやけ、うちみ、くじき

【新型コロナウイルスに伴うご利用制限について】
▪️入館時の入館者カードのご記入、検温、マスク着用にご理解.ご協力をよろしくお願いいたします

厚生労働省承認番号21700DZZ01632000

キナーレ明石の湯
HP:http://kinare.jp/
フェイスブックページ
https://www.facebook.com/kinare.akashinoyu

このアーカイブについて

このページには、2020年12月以降に書かれたブログ記事のうち明石の湯 かわり湯カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは明石の湯 かわり湯: 2020年11月です。

次のアーカイブは明石の湯 かわり湯: 2021年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1