明石の湯 かわり湯: 2019年2月アーカイブ

20130324.jpg

明石の湯では3月22日~24日に「よもぎ湯」を行います。

よもぎはキク科の多年草で、よもぎはお灸のもぐさとして有名です。
特有の香りがあり、この香りには精神を癒すアロマ効果があると言われています。

灸に使うもぐさ(艾)は、葉を乾燥させ、裏側の綿毛を採取したもです。
葉は、艾葉(がいよう)という生薬で止血作用があります。

■効能
・腰痛、関節痛、神経痛の緩和
・肩こり解消
・筋肉痛の解消
・冷え性の予防・改善(保温作用)
・痔
・湿疹、かぶれ(皮膚のトラブル対策)
・美肌効果
・アトピー性皮膚炎の予防
・血行や新陳代謝を促進する効果
・精神安定、リラックス効果
・安眠、快眠効果
・発汗作用
・抗菌作用
・ストレスの予防、改善(抗ストレス)

キナーレ明石の湯
フェイスブックページ

nyuuhaku.jpg
明石の湯では3月7日(木)~3月12日(火)、乳白の湯を行います。
乳白湯は塩分を多く含み、血行を良くしてポカポカととてもよく温まります。
冷えた体を温泉につかって、よく温めてください。

[効能]
冷え性、腰痛、疲労回復、肩の凝り、神経痛、リウマチ、痔、荒れ性、あせも、しっしん、
にきび、しもやけ、あかぎれ、産前産後の冷え性、ひび、打ち身、くじき

[湯質]
食塩湯

[成分]
ナトリウム(Na+)73.5ppm
塩素(Cl-)85.9ppm
硫酸イオン(So42-)26ppm
炭酸水素イオン(HCO3-)14.6ppm

キナーレ明石の湯
フェイスブックページ
鳴子の湯.jpg
2月28日(木)~3月5日(火)の期間、鳴子の湯を行います。

鳴子の湯は、芒硝を多く含んだお湯です。有効成分が温浴効果を高めて血行を改善することにより、新陳代謝を促進し、疲れをいやします。

効能
疲労回復、肩のこり、冷え症、腰痛、神経痛、リウマチ、痔、荒れ性、あせも、しっしん、
にきび、ひび、あかぎれ、産前産後の冷え症、しもやけ、うちみ、くじき

厚生労働省承認番号21700DZZ01632000

キナーレ明石の湯
フェイスブックページ
2014032930.jpg

キナーレ明石の湯では2月23日・24日と月桂樹湯を行います。

月桂樹とはギリシャ神話のアポロンとダフネの物語に由来し、ギリシャやローマ時代から神聖視された樹木の一つです。
古代ギリシアでは葉のついた若枝を編んで「月桂冠」とし、勝利と栄光のシンボルとして勝者や優秀な者達、そして大詩人の頭に被せたと言われています。
特に月桂冠を得た詩人は桂冠詩人と呼ばれるています。


月桂樹には、天然精油成分(シネオール・オイゲノール・ゲラニオール)が含まれており、この薬湯に入浴すると神経痛やリウマチ、腰痛の緩和、肩こり解消、疲労回復、美容、血行促進、新陳代謝促進等の効果があります。

ぜひ週末には明石の湯に遊びに来てください。

キナーレ明石の湯
フェイスブックページ

このアーカイブについて

このページには、2019年2月以降に書かれたブログ記事のうち明石の湯 かわり湯カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは明石の湯 かわり湯: 2019年1月です。

次のアーカイブは明石の湯 かわり湯: 2019年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1