明石の湯 かわり湯: 2019年1月アーカイブ

20130216-17.jpg

明石の湯では2月16日・17日に地酒風呂を行います。

十日町市の地酒「松乃井」と「天神囃子」を贅沢にお風呂に使用します。
地酒(日本酒)は保湿効果や新陳代謝の促進、血行の促進、体内の老廃物の排除などがあるそうです。

日本酒のいい香りと、効能をお試しくださいませ。

2月16日:天神囃子
2月17日:松乃井


キナーレ明石の湯
フェイスブックページ
nyuuhaku.jpg
明石の湯では2月7日(木)~2月12日(火)、乳白の湯を行います。
乳白湯は塩分を多く含み、血行を良くしてポカポカととてもよく温まります。
冷えた体を温泉につかって、よく温めてください。

[効能]
冷え性、腰痛、疲労回復、肩の凝り、神経痛、リウマチ、痔、荒れ性、あせも、しっしん、
にきび、しもやけ、あかぎれ、産前産後の冷え性、ひび、打ち身、くじき

[湯質]
食塩湯

[成分]
ナトリウム(Na+)73.5ppm
塩素(Cl-)85.9ppm
硫酸イオン(So42-)26ppm
炭酸水素イオン(HCO3-)14.6ppm

キナーレ明石の湯
フェイスブックページ

M06120-092_m.jpg

キナーレ明石の湯では1月31日(木)から2月5日(火)まで「和倉の湯」を行います。

和倉の湯は塩分を多く含みます  塩の成分が保温効果を高め  血行を促進するために  身体がよく温まり湯冷めしにくいと言われています。

また、塩の殺菌効果で傷にも良いとされています  塩湯に浸かってよく温まって下さい。

効能 
冷え症、腰痛、疲労回復、肩のこり、神経痛、リウマチ、痔、荒れ症、あせも、
しっしん、にきび、しもやけ、あかぎれ、産前産後の冷え症、ひび、うちみ、くじき

厚生労働省承認番号 21700DZZ01586000

キナーレ明石の湯
フェイスブックページ
20130201-03.jpg


明石の湯では1月25日(金)~27日(日)とりんご湯を行います。

りんご湯の効能は、疲労回復、リラックス効果、美肌効果
があるとされています。

りんごの皮には肌を綺麗に滑らかにしてくれるペクチンが含まれています。
さらに、りんごの甘い香りによるリラックス効果もあるお風呂です。

キナーレ明石の湯
フェイスブックページ

このアーカイブについて

このページには、2019年1月以降に書かれたブログ記事のうち明石の湯 かわり湯カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは明石の湯 かわり湯: 2018年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1