明石の湯 かわり湯: 2014年5月アーカイブ

20130622-23.jpg


キナーレ明石の湯では6月21日・22日と「どくだみ湯」を行います。

ドクダミは漢方名で「十薬」と呼ばれます。
実際には10以上の多くの効能をもっており、ゲンノショウコ、センブリとともに、日本三大薬草のひとつです。どくだみのエキスを抽出したドクダミ湯は、あせも・しっしんなどに効果的で、ムシムシする今の時期にぴったりの薬湯風呂です。

どくだみの茎葉に含まれるクエルセチン、花穂に含まれるイソクエルシトリンやカリウム、フラボノイド等の成分には利尿、解熱、解毒、消炎、抗菌作用があります。
そのため、どくだみ湯はあせも、湿疹などを鎮め、新陳代謝を高めます。
また、毛細血管を強化し、血行不良にも効果があります。

キナーレ明石の湯


20130601-02.jpg

6月7日(土)・8日(日)の今月の変わり湯は「菖蒲湯」をおこないます。

菖蒲は血行促進や鎮痛にも効果絶大。
主に皮膚を刺激して血行を促進させたりする作用があります。
漢方では健胃薬や打ち身の治療薬として良く使われているとのことです。

 
香りもとってもいいかおりです。
天然のアロマテラピー効果に期待できます。
 

明石の湯でし使用する菖蒲はすべて地元で採れた菖蒲です。
旬を全身で楽しんでください。

キナーレ明石の湯


IMG_8741_2.jpg

明石の湯では5月18日 お子様に大好評のアヒル風呂を行います。
二つの浴槽で合計1000匹のあひる隊長が、みなさんをお待ちしております!

また、当日は素敵な仲間が登場します。ご期待ください。

また、当日は、ファミリーデーとして小学生のお子様は入館料が無料となります。
ご家族でぜひ、ご来館くださいませ。

キナーレ明石の湯



20130506-12.jpg

5月8日~18日まで、明石の湯では「母の日ありがとう風呂」を行います。

世界遺産の熊野古道の間伐材を再利用した「ひのき」プレートに、川治小学校の4~6年生がお母さんや家族への感謝の気持ちを書いてくれた「ありがとうひのき」が浮かんでます!

 20130506-12-2.jpg

世界遺産の熊野古道のひのきの香りは・・・とってもいい香りです!!
ありがとうひのき風呂で、心身ともにリラックスしできます。

キナーレ明石の湯


このアーカイブについて

このページには、2014年5月以降に書かれたブログ記事のうち明石の湯 かわり湯カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは明石の湯 かわり湯: 2014年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1