明石の湯 かわり湯の最近のブログ記事

6月1日(土)・2日(日)は季節の変わり目の疲れをほぐす「菖蒲湯」です。

菖蒲は、漢方では健胃薬や打ち身の治療薬として用いられており、鎮痛作用や抗菌作用の他に、血行促進の作用もあります!

 

また、茎と葉に独自の芳香があり、アロマテラピー効果もあります。

 

薬効成分と季節のさわやかな香りを楽しみながら、ゆっくりとリラクゼーションしてください。

 

菖蒲湯写真.jpg

嬉野の湯500x330.jpg

キナーレ明石の湯では5月23日(木)~5月28日(火)の期間、嬉野の湯を行います。

野の湯(うれしののゆ)は、重曹成分を多く含み、皮膚の表面を柔らかくし、皮膚の脂質や分泌物を乳化して、湯に浸かるだけで石鹸で洗ったようにツルツルするので「美人の湯」と言われます。

湯色は、やや緑がかっています。

【効能】荒れ性・にきび・あせも・しっしん・あかぎれ・ひび・疲労回復・肩のこり・腰痛・冷え性・神経痛・リウマチ・うちみ・くじき・痔

生労働省承認番号 22000DZX01071000

レモン湯.jpg

キナーレ明石の湯では、5月3日(金)~5月5日(日)「レモン湯」を行います。

 
レモンには、天然の精油成分(リモネン、ピネン、シトラール)が含まれています。
これらがお肌をしっとりすべすべに保ち、乾燥やひび割れ、あかぎれ防止などに効果があります。
また、精油成分が開いた毛穴に浸透し、毛細血管を刺激することで、保温や保湿にも優れています。
レモンのさわやかな香りがリフレッシュ効果もあり♬
 
■効能 
保湿・保温・あかぎれ・ひび割れ・リフレッシュ効果
 
 
キナーレ明石の湯
フェイスブックページ
e0037129_136350.jpg

4月25日(木)~4月30日(火)の期間、明石の湯では登別の湯を行います。
登別の湯は芒硝を多く含みます  芒硝の湯は血管を広げて 血液の流れをよくするため 、手足の指先まで温める効果があります  また新陳代謝を促して  疲れ を癒します。

■効能■
疲労回復、肩の凝り、冷え症、腰痛、神経痛、リウマチ、痔、荒れ症、あせも、しっしん、にきび、ひび、あかぎれ、産前産後の冷え症、しもやけ、うちみ、くじき

厚生労働省承認番号 21700DZZ01632000

キナーレ明石の湯
フェイスブックページ
モール重曹湯.jpgのサムネール画像
 
キナーレ明石の湯では、4月18日(木)~23日(火)に「モール重曹湯」を行います。
 
モール重曹湯は、名前の通りに重曹成分を多く含み、皮膚の表面を柔らかくし、皮膚の脂質や分泌を乳化して、湯に浸かるだけで石鹸で洗ったようにツルツルになるので「美人の湯」とも言われています。
やや濃い湯色も特徴的です。

■効能
荒れ性・にきび・あせも・しっしん・あかぎれ・ひび・疲労回復・肩こり・腰痛・冷え性・神経痛・リウマチ・うちみ・くじき・痔
キナーレ明石の湯
フェイスブックページ
20130420-21.jpg


キナーレ明石の湯では4月13日(土)・14日(日)に「雪下にんじん風呂」を行います。

■効能
神経痛、冷え性の改善
体が温まり、神経痛やリュウマチ、腰痛、肩こりに良いとされています。
血液の状態を正常に保ち、保温効果もあるので、冷え性や低血圧、しもやけに効果があります。

キナーレ明石の湯
フェイスブックページ

20130413-14.jpg


キナーレ明石の湯では4月5日(金)~7日(日)に「ローズマリー湯」を行います。

ローズマリーは「若返りのハーブ」と呼ばれ、血行・代謝を促進、神経痛や疲労回復に効果のある成分がたっぷり含まれているとされています。

また、ローズマリーの成分は肌のすべすべ効果があり、香りがよく気分がスッキリできます。

ぜひお試しくださいませ。

キナーレ明石の湯
フェイスブックページ

有馬温泉_06.JPG

キナーレ明石の湯では3月28日(木)~4月2日(火)まで「有馬の湯」を行います。

有馬の湯は鉄分を多く含み 鉄分が酸化した錆のような湯色と 独特なにおいが特徴です。
また 塩分も多く お肌の潤いや保温効果があります 空気が乾いて 気温も下がるこの季節にピッタリの変わり湯です。

効能:神経痛、冷え症、肩の凝り、腰痛、リウマチ、疲労回復、にきび、あせも、しっしん荒れ性、あかぎれ、ひび、うちみ、くじき

厚生労働省承認番号 22000DZX01194000

※写真は有馬温泉

キナーレ明石の湯
フェイスブックページ


20130324.jpg

明石の湯では3月22日~24日に「よもぎ湯」を行います。

よもぎはキク科の多年草で、よもぎはお灸のもぐさとして有名です。
特有の香りがあり、この香りには精神を癒すアロマ効果があると言われています。

灸に使うもぐさ(艾)は、葉を乾燥させ、裏側の綿毛を採取したもです。
葉は、艾葉(がいよう)という生薬で止血作用があります。

■効能
・腰痛、関節痛、神経痛の緩和
・肩こり解消
・筋肉痛の解消
・冷え性の予防・改善(保温作用)
・痔
・湿疹、かぶれ(皮膚のトラブル対策)
・美肌効果
・アトピー性皮膚炎の予防
・血行や新陳代謝を促進する効果
・精神安定、リラックス効果
・安眠、快眠効果
・発汗作用
・抗菌作用
・ストレスの予防、改善(抗ストレス)

キナーレ明石の湯
フェイスブックページ

nyuuhaku.jpg
明石の湯では3月7日(木)~3月12日(火)、乳白の湯を行います。
乳白湯は塩分を多く含み、血行を良くしてポカポカととてもよく温まります。
冷えた体を温泉につかって、よく温めてください。

[効能]
冷え性、腰痛、疲労回復、肩の凝り、神経痛、リウマチ、痔、荒れ性、あせも、しっしん、
にきび、しもやけ、あかぎれ、産前産後の冷え性、ひび、打ち身、くじき

[湯質]
食塩湯

[成分]
ナトリウム(Na+)73.5ppm
塩素(Cl-)85.9ppm
硫酸イオン(So42-)26ppm
炭酸水素イオン(HCO3-)14.6ppm

キナーレ明石の湯
フェイスブックページ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち明石の湯 かわり湯カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは明石の湯です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1