明石の湯 かわり湯の最近のブログ記事

yufu01.jpg

キナーレ明石の湯では7月25日(木)~7月30日(火)に由布院の湯を行います。

由布院の湯はアルカリ性で、肌がしっとりスベスベします。
また、泉質は柔らかく刺激が少ないので、万人に広く好まれる湯です。

アルカリ成分が角質を 落とし 毛穴の汚れを取ってくれることで、美肌の湯とも言われています。

<効能>
にきび、あせも、しっしん、荒れ性、冷え性、肩の凝り、腰痛、疲労回復
神経痛、リウマチ、ひび、うちみ、くじき

厚生労働省承認番号 22000DZX01068000

キナーレ明石の湯
HP:http://kinare.jp/
フェイスブックページ
https://www.facebook.com/kinare.akashinoyu
乳頭湯.jpg

7月18日㈭~7月23日㈫の間、明石の湯では乳頭湯を行います。


乳頭湯はアルカリ性で重曹成分を多く含み、皮膚の表面を軟化させると同時に皮膚の脂肪や分泌物を洗い流して、入浴後にサッパリとします。また、お湯の色合いもやや青味がかった白色で、普段と違う入浴感をお楽しみ下さい。

【効能】次の症状の改善に効果があります。荒れ症、にきび、あせも、しっしん、疲労回復、肩こり、腰痛、冷え性、神経痛、リウマチ、うちみ、くじき

キナーレ明石の湯
フェイスブックページ

新茶湯.jpg

キナーレ明石の湯では7月5日㈮~7日㈰と「新茶湯」を行います。


カテキンの効果により、殺菌作用に優れているお茶は皮膚のトラブルを予防する働きがあります。
使用する茶葉は、お茶の名産地である静岡県の金谷製茶場からの直送品です。


キナーレ明石の湯
フェイスブックページ

鳴子の湯.jpg
6月27(木)~7月2日(火)の期間、鳴子の湯を行います。

鳴子の湯は、芒硝を多く含んだお湯です。有効成分が温浴効果を高めて血行を改善することにより、新陳代謝を促進し、疲れをいやします。

効能
疲労回復、肩のこり、冷え症、腰痛、神経痛、リウマチ、痔、荒れ性、あせも、しっしん、
にきび、ひび、あかぎれ、産前産後の冷え症、しもやけ、うちみ、くじき

厚生労働省承認番号21700DZZ01632000

キナーレ明石の湯
フェイスブックページ

乳頭湯.jpg

6月20日㈭~6月25日㈫の間、明石の湯では乳頭湯を行います。


乳頭湯はアルカリ性で重曹成分を多く含み、皮膚の表面を軟化させると同時に皮膚の脂肪や分泌物を洗い流して、入浴後にサッパリとします。また、お湯の色合いもやや青味がかった白色で、普段と違う入浴感をお楽しみ下さい。

【効能】次の症状の改善に効果があります。荒れ症、にきび、あせも、しっしん、疲労回復、肩こり、腰痛、冷え性、神経痛、リウマチ、うちみ、くじき

キナーレ明石の湯
フェイスブックページ
水族館風呂画像2.jpg
6月8日(土) ~ 6月9日(日)は、ちびっこにはたまらない
『水族館風呂』を開催します(о´∀`о)

海のお友達が大浴槽にたくさん浮かびます!!
たくさんのちびっこが笑顔になれますように
そんなちびっこ達を、日本海のような広い心で見守っていただき(゚∀゚)
大人の方も癒されてください。

キナーレ明石の湯
HP:http://kinare.jp/
フェイスブックページ
https://www.facebook.com/kinare.akashinoyu

20130622-23.jpg


キナーレ明石の湯では6月7日~9日と「どくだみ湯」を行います。

ドクダミは漢方名で「十薬」と呼ばれます。
実際には10以上の多くの効能をもっており、ゲンノショウコ、センブリとともに、日本三大薬草のひとつです。どくだみのエキスを抽出したドクダミ湯は、あせも・しっしんなどに効果的で、ムシムシする今の時期にぴったりの薬湯風呂です。

どくだみの茎葉に含まれるクエルセチン、花穂に含まれるイソクエルシトリンやカリウム、フラボノイド等の成分には利尿、解熱、解毒、消炎、抗菌作用があります。
そのため、どくだみ湯はあせも、湿疹などを鎮め、新陳代謝を高めます。
また、毛細血管を強化し、血行不良にも効果があります。

キナーレ明石の湯
フェイスブックページ

6月1日(土)・2日(日)は季節の変わり目の疲れをほぐす「菖蒲湯」です。

菖蒲は、漢方では健胃薬や打ち身の治療薬として用いられており、鎮痛作用や抗菌作用の他に、血行促進の作用もあります!

 

また、茎と葉に独自の芳香があり、アロマテラピー効果もあります。

 

薬効成分と季節のさわやかな香りを楽しみながら、ゆっくりとリラクゼーションしてください。

 

菖蒲湯写真.jpg

嬉野の湯500x330.jpg

キナーレ明石の湯では5月23日(木)~5月28日(火)の期間、嬉野の湯を行います。

野の湯(うれしののゆ)は、重曹成分を多く含み、皮膚の表面を柔らかくし、皮膚の脂質や分泌物を乳化して、湯に浸かるだけで石鹸で洗ったようにツルツルするので「美人の湯」と言われます。

湯色は、やや緑がかっています。

【効能】荒れ性・にきび・あせも・しっしん・あかぎれ・ひび・疲労回復・肩のこり・腰痛・冷え性・神経痛・リウマチ・うちみ・くじき・痔

生労働省承認番号 22000DZX01071000

レモン湯.jpg

キナーレ明石の湯では、5月3日(金)~5月5日(日)「レモン湯」を行います。

 
レモンには、天然の精油成分(リモネン、ピネン、シトラール)が含まれています。
これらがお肌をしっとりすべすべに保ち、乾燥やひび割れ、あかぎれ防止などに効果があります。
また、精油成分が開いた毛穴に浸透し、毛細血管を刺激することで、保温や保湿にも優れています。
レモンのさわやかな香りがリフレッシュ効果もあり♬
 
■効能 
保湿・保温・あかぎれ・ひび割れ・リフレッシュ効果
 
 
キナーレ明石の湯
フェイスブックページ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち明石の湯 かわり湯カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは明石の湯です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1