2017年6月アーカイブ


キナーレ明石の湯では7月7日~9日と「新茶湯」を行います。

カテキンの効果により、殺菌作用に優れているお茶は皮膚のトラブルを予防する働きがあります。
使用する茶葉は、お茶の名産地である静岡県の金谷製茶場からの直送品です。


キナーレ明石の湯
フェイスブックページ
photo1l.jpg
キナーレ明石の湯では6月29日~7月4日の期間、鳴子の湯を行います。

鳴子の湯は、芒硝を多く含んだお湯です。有効成分が温浴効果を高めて血行を改善することにより、新陳代謝を促進し、疲れをいやします。

効能
疲労回復、肩のこり、冷え症、腰痛、神経痛、リウマチ、痔、荒れ性、あせも、しっしん、
にきび、ひび、あかぎれ、産前産後の冷え症、しもやけ、うちみ、くじき

厚生労働省承認番号21700DZZ01632000

キナーレ明石の湯
フェイスブックページ
20130620-25.jpg

6月22日~6月27日に明石の湯では乳頭湯を行います。

乳頭湯はアルカリ性で重曹成分を多く含み、皮膚の表面を軟化させると同時に皮膚の脂肪や分泌物を洗い流して、入浴後にサッパリとします。また、お湯の色合いもやや青味がかった白色で、普段と違う入浴感をお楽しみ下さい。

【効能】次の症状の改善に効果があります。荒れ症、にきび、あせも、しっしん、疲労回復、肩こり、腰痛、冷え性、神経痛、リウマチ、うちみ、くじき

キナーレ明石の湯
フェイスブックページ
candle.gif

キャンドルナイト
2017/6/17(sat)

明石の湯では6月17日に、キャンドルナイトを開催します。
蝋燭の光や、ライトボールの光による
幻想的な空間をお楽しみください。

日 時:6月17日 18:00頃 点灯予定
会 場:キナーレ明石の湯(女性湯限定)

キナーレ明石の湯
フェイスブックページ
20130622-23.jpg


キナーレ明石の湯では6月10日~12日と「どくだみ湯」を行います。

ドクダミは漢方名で「十薬」と呼ばれます。
実際には10以上の多くの効能をもっており、ゲンノショウコ、センブリとともに、日本三大薬草のひとつです。どくだみのエキスを抽出したドクダミ湯は、あせも・しっしんなどに効果的で、ムシムシする今の時期にぴったりの薬湯風呂です。

どくだみの茎葉に含まれるクエルセチン、花穂に含まれるイソクエルシトリンやカリウム、フラボノイド等の成分には利尿、解熱、解毒、消炎、抗菌作用があります。
そのため、どくだみ湯はあせも、湿疹などを鎮め、新陳代謝を高めます。
また、毛細血管を強化し、血行不良にも効果があります。

キナーレ明石の湯
フェイスブックページ

このアーカイブについて

このページには、2017年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2017年5月です。

次のアーカイブは2017年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1