2月13日・14日 月桂樹湯

|

2014032930.jpg

キナーレ明石の湯では2月13日・14日と月桂樹湯を行います。

月桂樹とはギリシャ神話のアポロンとダフネの物語に由来し、ギリシャやローマ時代から神聖視された樹木の一つです。
古代ギリシアでは葉のついた若枝を編んで「月桂冠」とし、勝利と栄光のシンボルとして勝者や優秀な者達、そして大詩人の頭に被せたと言われています。
特に月桂冠を得た詩人は桂冠詩人と呼ばれるています。


月桂樹には、天然精油成分(シネオール・オイゲノール・ゲラニオール)が含まれており、この薬湯に入浴すると神経痛やリウマチ、腰痛の緩和、肩こり解消、疲労回復、美容、血行促進、新陳代謝促進等の効果があります。

ぜひ週末には明石の湯に遊びに来てください。

キナーレ明石の湯
フェイスブックページ

このブログ記事について

このページは、kinareが2016年1月31日 13:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2月4日~9日 乳白の湯」です。

次のブログ記事は「2月20日・21日 地酒風呂」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1