6月21日・22日 どくだみ湯

|
20130622-23.jpg


キナーレ明石の湯では6月21日・22日と「どくだみ湯」を行います。

ドクダミは漢方名で「十薬」と呼ばれます。
実際には10以上の多くの効能をもっており、ゲンノショウコ、センブリとともに、日本三大薬草のひとつです。どくだみのエキスを抽出したドクダミ湯は、あせも・しっしんなどに効果的で、ムシムシする今の時期にぴったりの薬湯風呂です。

どくだみの茎葉に含まれるクエルセチン、花穂に含まれるイソクエルシトリンやカリウム、フラボノイド等の成分には利尿、解熱、解毒、消炎、抗菌作用があります。
そのため、どくだみ湯はあせも、湿疹などを鎮め、新陳代謝を高めます。
また、毛細血管を強化し、血行不良にも効果があります。

キナーレ明石の湯


このブログ記事について

このページは、kinareが2014年5月17日 14:39に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「5月17日 交通安全フェア」です。

次のブログ記事は「6月29日キナーレまつり フリーマーケットの募集について」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1