第4回とおかまち てづくり市

|
みなさん、こんにちは。
キナーレ明石の湯 web担の佐藤です。

先週の9月30日に行われた「とおかまち てづくり市」には、来てくれましたでしょうか?
台風が近づいていたにもかかわらず、天候に恵まれ、キナーレ回廊は大変多くのお客様で混雑しました。

え? 来てないと?

というわけで、「とおかまち てづくり市」の一部をご紹介。

「とおかまち てづくり市」は、材料を自ら加工・製品化した職人さんたちが自ら値段をつけて販売を行う(それ自体を楽しむ)市です。

作り手(制作から販売までを楽しむ)と買い手(見て、来て、楽しむ)の交流の場となっています。

さて、


20121007-1.jpg

職人には程遠いけど、子供たちが自ら作ったお米(新米)を販売しています。
丹精込めて作ったお米。とても甘くておいしいとのコメントが(某道の駅職員より)


20121007-2.jpg

販売ディスプレイにもこだわっています。
しかし、この車かっこよす。

20121007-3.jpg

回廊では様々なワークショップも行われました。

某お寿司屋さんの「オリジナルブーメランをつくろう」や、「エコバック」、「消しゴムハンコ」など子供から大人まで楽しめるワークが大人気でした。


20121007-4.jpg

フリーマーケットだけではなく、大道芸人のショーやちょっと危険なファイヤーショーもありました。
大道芸人さんのショーは見て楽しむだけでなく、参加することもできるショーでした。

しかし、すごいバランス。。。

回廊中央では、イベント開始から大きな絵を(スプレーで)書かれている方が。

20121007-5.jpg


20121007-6.jpg


20121007-7.jpg


と、終了1時間までにこんな感じに。

完成品は市内の飲食店「タナカクマキチ」さんに展示されている・・・はず。(最後写真とに逃がした;)

そのほか、飲食ブースや全国から80近い職人さんのブースがあったりと、大変大盛り上がりでした。
ちなみに、同じ日に十日町の市場では「職人ごったく」という食のイベントがあり、両イベントをつなぐシャトルバスも出ていたので、キナーレに車を止めることができないといったことが;

次回もあるかわかりませんが、来年もお楽しみに。






このブログ記事について

このページは、kinareが2012年10月 7日 13:43に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「10月30日・31日 キナーレ明石の湯の連休について」です。

次のブログ記事は「10月20日 十日町産業フェスタ 1日目」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1